がいすの絵日記

旅先で出会ったもの、仙台の美味しいもの描き綴ります

台湾観光のハイライト「九份」で臭豆腐に遭遇 朱い幻想の街で襲いかかる試練に我々は!

台湾観光といえば!

そう「九份」 ここに行かずして台湾観光をしたとは言えません。

 

f:id:gaisu:20180306233559p:plain

 

f:id:gaisu:20180306233617p:plain

 

九份に行くなら現地のツアーを使った方が確実かなぁと思い、「ベルトラ」にて九份ツアー予約。

夕方出発なので夜の九份の街並みが堪能できますよ。

www.veltra.com

 

集合場所は「金龍藝品」といういわゆる団体客向けのお土産屋。

小龍包を食べた京鼎楼(ジンディンロウ)から近かったので迷わずたどり着けてました。

 

 

gaisu.hatenablog.com

 

ここからバスに乗り揺られること約1時間・・・朱い明りがゆらめく九份に到着です。

 

 

 

 

 

自由時間楽しむゾイ!と、意気込んでいたんですが、ですが、

 

 

笑えるぐらい観光客でごった返してました。

そうこれはもう寄せ鍋 隣の人 向き合う人 背後に立つ人 肌と肌が触れ合う密な地と化していたのです。 あ~んこんなハーレムは期待してなかった~

 

大陸からの旅行者も多いですが、日本人の団体客も負けてないぐらい多いです。

景色はとても綺麗でしたがそれよりも隣の親父の息遣いの方が記憶に残っています。

 

 

せっかく来たのだからと色々散策していると、

 

「んヴぁ!!!!!!! 」

このトラウマに訴えかけるこの臭いは・・・・・

 

そう、ご存じ「臭豆腐」でございます。 臭豆腐が道端で売られております。

 

こんな観光客でごった返しているところでこの匂いを嗅ぐことになろうとは

ほんと出会いに感謝★

 

 

 

そそくさと立ち去ろうとしたところに、友人が

 

 

 

「ちょっとアレ買ってくるは」

 

 

 

え、待って(女子高生が使いがち)

人間の細胞があれは危険だと騒ぎ立てているというのに、友はそれは潔く購入してやがりました。

「ちょっとぉぉぉお、買ったら2個もついてきたんだけどぉぉぉお」となぜかウキウキした声

 

ほう、見た目がなんか豆腐の揚げ浸しみたい・・・

 

けど臭い!普通に臭い!

 

f:id:gaisu:20180310195600j:image

(上にのっかってるのは白菜の漬物)

食べ始めた友人ですが、急激にテンションが低くなりリアクションもとらず、なぜか疑問形の顔をしています。

 

 

味は?味はどうなん??ねえねえ??

としつこく聞いてたら

食べてみろと、口の中にIN

 

 

 

 

〜そのとき、わたしの脳裏にしょぼい走馬灯が走った〜

 

 

 

 

 

と、まぁこんなトラウマ調になっていますが

思い出を作ってくれた彼女を感謝しています

 

 

 

がいす