がいすの絵日記

旅先で出会ったもの、仙台の美味しいもの描き綴ります

観光に疲れたら足ツボにいこう !台湾はマッサージ屋がコンビニ並みにあるぞ

旅行で歩き回るのは楽しいんですが・・・

夕方になると、足がガクガクブルブルの膝もなんだか痛くなってきて観光どころじゃなくなる年頃です。

そして迫り来る筋肉痛への恐怖

少しでも緩和するためにちょっくら足ツボマッサージ屋にいってきました。

f:id:gaisu:20180329201610p:plain

f:id:gaisu:20180329201544p:plain

 

台北を歩きまわって思ったんですが、マッサージ屋がやたら多いです。

都心のコンビニ並みそれ以上?ぐらい至る所にテナントが入ってました。もはや一種のインフラ状態。 ありすぎてどこに入ろうか迷いましたが ホテル近くのお店にすることに 適当な格好で行ってもすぐ帰れますからね!

 

店のオバチャンに「なにする??足ツボだけ??全身もついてあるからこの30分のにしなよ??」「60分のもあるけどそれじゃなくていい??」と営業ガンガンかけられます。どうしてこんなに日本語がうまいんでしょうか、

 

 

まずは足湯にはいります、こんなローカルな店だけど意外とちゃんとしてる(失礼)

そしてゾロゾロとマッサージ師のオヤジがやってきます

この小さい店のどこから召喚されたんだろうか…

 

 

足ツボマッサージが始まるとこれが気持ちいい

 

「カタイネーココモカタイネー」

ほんとおっしゃる通り

足の裏の老廃物がつぶされてる感じでゴリゴリしてる

それにしてもそんなに苦痛じゃないです

 

 

「あれ??そんなに痛くないかも??やだ〜若さゆえ?超健康体って感じ??げへへ」

なんて余裕ぶってると

 

 

「ヴァッッッ!!!!」

 

 

声が我慢できないぐらいの攻撃を受けます

ぜんぜん若くありませんでした。

 

 

店のオヤジが「足の裏の角質とりシナイ??そんな高くナイヨ」と営業かけてきます

 

「(あ〜ん??遠回しに足の裏汚すぎるぞとでも言いたいのかぁ〜ん??)」と眉間にしわが寄りましたが、まぁ汚いのは事実なのでやってもらうことに、

 

布を足の下にひいてもらって、さぁ思う存分やってくれい

 

ざりざりざりざりざりざり

 

あら、やだ予想より削られるって・・・

 

 

もうね、その下にひいた黒い濃い色の布のおかげで削れた角質が目立って目立って

とんでもなく恥ずかしいです

 

そう、それはまるで

 

 

「わぁ〜パスタにふりかけるパルミジャーノ・レッジャーノチーズみた〜い」

 

 

 

 

 

 

酷いオチで失礼します