がいすの絵日記

目に付いたものをとりあえず絵にしていこう ミーハー人間があっちこっちに手を出しています

台湾といえば小籠包!京鼎樓(ジンディンロウ)は間違いない旨さだった

台湾に行くなら小籠包。

小籠包を食べるために台湾に行くといっても過言ではない。

というわけで、小籠包を食べるなれどこと言われれば必ず名前が挙がるお店

「京鼎樓(ジンディンロウ)」に行ってきました。

 

f:id:gaisu:20180121124340p:plain

f:id:gaisu:20180121124402p:plain

f:id:gaisu:20180121124416p:plain

 

開店時間が11時だったので10時40分ぐらいにお店に行ってみると、ちらほら日本人の姿が。

事前に予約している人もいて「やべ・・・甘くみすぎたか??」と思いましたが、すぐに席に座れました。

さーて、注文しましょう こういう観光客向けのお店のメニューは日本語がバッチリ載ってあるのでわかりやすくていいですよね!

f:id:gaisu:20180121195020j:image

f:id:gaisu:20180121195052j:image

 

普通の小籠包と、なんか目に入ったので烏龍茶の小籠包と、野菜が食べたかったので空芯菜の炒め物を注文!

 

待っている間にたれを作りましょう。

黒酢とお醤油を合わせるだけなんですけどね、それにしてもこの細い生姜が気になりますね。

お寿司でいうところのガリ???

f:id:gaisu:20180121195351j:image

 

きたきた〜きました〜。

期待値が大きいだけに、運ばれてくるだけで興奮してしまいます。

f:id:gaisu:20180121200113j:image

 

あ、これ食べる前からわかる。絶対に美味しいやつ。

なんでも小籠包はタレを付けてから、れんげの上で皮を少し破いてスープをすするのが美味しい食べ方なんだそうですが、超一級のズボラ王のわたし、そのまま口の中に放りこんじゃいました。

 

言わずもがな、うまい!うまいよ!これ!

口の中でどばっとダムが決壊して、スープで満たされます。このスープがくどくもなく実にあっさりしていて、これぞいくらでも食べれるループ  

あぁ・・・台湾きてよかった。もはや今回の旅行のハイライトじゃない??

そんでもって、この生姜が小籠包に合うんですよね〜食感もいいしアクセントになってます。

この生姜おかわりもできるので安心!

 

次は烏龍茶の小籠包!見た目は「おや???」ですが味の方はというと、普通の小籠包よりも、味が濃い目で肉汁をより感じます。そして後味にうっすら烏龍茶がでてきて、めちゃくちゃ美味しい。

 

結論:どっちもうまい

 

空芯菜の炒め物が、引くほどの量できまして

「これ、絶対食べきれないやつだよぉ〜ふえええ」だったんですが、美味くて2人でたいらげてしまいました。

野菜はゼロカロリーなのでなにも問題はない。

 

 

 

店員さんの接客も良かったし、お手洗いも非常に綺麗で日本人が日本のように安心して食事ができるお店だなぁと思います。

お店の雰囲気が良いとご飯も美味しくなりますね!

 

 

 

 京鼎樓(ジンディンロウ)

台北市長春路47号

行列ができる朝ごはん!台北に旅行するなら阜杭豆漿(フーハンドウジャン)に行っておこう

台北にきて2日目 

この日は朝からガンガンいきましたよ。

 

gaisu.hatenablog.com

gaisu.hatenablog.com

 

 

台北で朝ごはんを食べるならここ!とガイドブックに必ず載る超有名店阜杭豆漿(フーハントウジャン)」に並びます。

f:id:gaisu:20180114121703p:plain

f:id:gaisu:20180114121718p:plain

 

6時30分には着いたのですが世の中にはもっと早くから行動開始している人がいまして、もうかなりの人数が並んでいました。

 

ほんと、旅行にいく度に行列を作っているところに並んでしまうというか、ミーハー気質がそうさせるというか・・・

 

f:id:gaisu:20180114183709j:image

大体40分間くらい並んでやっとお店の中に入ることができました。フードコートタイプのお店なんですね。

 

メニューは日本語表記もあってわかりやすい!

とりあえず・・・ど定番の鹹豆漿(シェン ドウジャン)は頼むとして小麦粉系は薄餅夾蛋(バオビン ジャーダン)

にしてみようかな。

厚餅っていうのもあったんですがお腹の容量がいっぱいになりそうだったんで薄い方で。 口で伝えてのオーダーはハードルが高いので紙に注文したい商品名を書いて

店員さんに渡しました。これどこでも通用するのでオススメです。

 

このカウンターでお盆を見ながら待つあたり、丸亀製麺でうどんを注文してるかのようなデジャヴ感。 あっという間に商品がくるので次は席探しへ。

f:id:gaisu:20180114183803j:image

 

こんなに人が並んでるから席探すの大変なんじゃない?と思いきや、意外や意外

フロアいっぱいに座席があるのですんなりと座れます。2人分だったから見つかりやす

かったのかもしれませんけどね。

 

それではいただきます!!

ぬ!なんだこれ!うまい!(語彙力とは)

出汁がきいてて、豆臭さがなくて優しい味わいだ〜 これはお酒飲んだ翌日の朝にぴったりな感じ… ふわふわの豆腐にザーサイとかネギとかの具がはいっててシャキシャキの食感も良い…

うーん、想像以上においしくてちょっとびっくりこれは並ぶだけありますね。

 

f:id:gaisu:20180114183915j:image

一緒に頼んだ薄餅夾蛋はパンっていうよりパイ生地みたいで中に卵焼きが挟まってます。結構大きくてなかなかの食べ応えです。

どうやら朝からキャパオーバーです…

あんまり胃に自信のない人は鹹豆漿だけでもいいかも…

 

それにしてもこの2つを頼んだとしても日本円で260円!ヤスゥイ!! 日本だったらサンマルクカフェでチョコクロ一個食べたらこれぐらいかかっちゃうんじゃないかい??

 

 

 

こんなお腹がいっぱいになったってぼやいていますが、お昼には小籠包を食べにいってます。

 

阜杭豆漿(フーハンドウジャン)

台北市忠孝東路一段108号2F-28 

 

台北は夜が本番!雙城夜市にて真夜中の牛肉麺&臭豆腐の洗礼を受けてきた

台北は桃園空港に到着したわたしたち

降り立った瞬間、日本円を台湾元に両替するため空港内の両替所に直行します。

f:id:gaisu:20180102190746p:plain

f:id:gaisu:20180102190707p:plain

f:id:gaisu:20180102190941p:plain

 

●台湾元への両替

日本から元に両替するとものすごくレートが悪いので現地にて両替しました。

観光客が大勢来るわりには台北市内には両替所がほとんどないらしいんです。

f:id:gaisu:20180104025620j:image

もちろん銀行とかホテルでも両替はできますが、手続きやらレートが悪いやらなので、空港内の両替所で替えるのが1番無難ですね。

この時の(2017年10月)レートは1元=約3.7円

でした!

 

●雙城夜市で夕ご飯という名の夜食を食べにいこう

 

空港からホテルに移動した頃には、22時を過ぎていましたが、台湾は夜が本番!!ホテルから近い雙城夜市に足を伸ばしてみます。

歩いてみて思ったんですが、台湾は夜でもね、暑い!!むわっとした空気が日本とは違いますね、そりゃ沖縄より南にあるから当たり前か。それにプラスして独特の香りがします。スパイスの香りみたいでこれがいわゆる八角の匂いなんでしょうか??とにかく日本ではあまり出逢ったことのない匂いです。南国にきたんだなァって実感。

あと、20秒歩くごとにセブンイレブンとファミマを見かけます、ほんとに。コンビニ多すぎて笑えてきます。インフラにもほどがある。

 

雙城夜市に到着!ここの夜市はなんと24時間営業してるんです!いかにも地元民向けなこじんまりとした夜市でした。やーなに食べよう。

串焼に魯肉飯(ルーローハン)色々あるけどちょっとビクつきながら屋台をキョロキョロ。

 

 

臭豆腐とのファーストコンタクト

そうして良さそうなお店を探していると、出会ってしまったんです・・・奴に。そう台湾ガイドブックや旅行者の体験記に必ず出没する珍味「臭豆腐」にです。

奴のなにがすごいかというと名前の通り「匂い」です。何者にも例えようのないあの匂い、

覚悟はしていましたがこれほどまでの威力だったとは、説明しようもないのでぜひ嗅いで頂きたいです。この初対面以来、近くに臭豆腐の店があるとセンサーが反応するようになりました。

 

牛肉麺と水餃子の美味しい屋台を発見

 

この夜市にて、一際人で賑わっている牛肉麺の屋台があったのでそこでご飯にすることに。

ドキドキの台湾初オーダーです。

ドキドキしすぎたんでしょうね、なにをトチ狂ったのか「牛肉麺ノ小2ツト水餃子クダサイ」思いっきり日本語で注文してました。

まぁ、ちゃんと通じたみたいで良かった。観光客が多く食べにきてるみたいだから察してくれたんでしょうね。

 f:id:gaisu:20180104025705j:image

牛肉麺いただきまーーす!!

あ、このスープ普通に美味い、出汁がちゃんときいてて日本人好きな味ですた。牛肉もプリプリ、この店当たりだな??

水餃子はニラがたっっっぷりなのに全然しつこくなくてあっさりしてて牛肉麺のスープにも合います。

 

台湾一食目は大成功です。我々の大勝利でした。これからも勝ち続けていきたいです。(決意表明)

 

 

食い倒れの旅はまだまだ続きます!

次回は台北一の朝ごはんを食べにいってきた話です!

なぜお前はそこまで人を惹きつけるんだ「葡萄屋」でローストビーフ丼をかっこんできた

 明けましておめでとうございます。

平成も30年になり、つまり平成元年に生まれた人はもう30歳になるっていうこと。

これ地味に恐ろしいですよね、

そして来年には元号も変わりいよいよ「平成生まれ」が威張れなくなりますね、

ほんと怖い世の中ですね。

そんなこんなで今年もよろしくお願い致します。

 

ところでこの前、ローストビーフ丼を食べてきました。エアリのレストラン街にある「葡萄屋」です。

f:id:gaisu:20171230141941p:plain

 

あそこのテナントちょこちょこお店が変わって前はハワイアンなお店だったんですよね。

そこを食べる間もなく葡萄屋さんに変わってしまったわけですが。

 

とにかくこのローストビーフ丼って響きはどうして人類をこうも惹きつけるんでしょうか。

このシズル感のあるビジュアル

f:id:gaisu:20180102030719j:image

 

数ある丼ものの中でもなんか、やけに力入ってませんか???彩りというか、食欲を司る脳の神経に訴えかけてくるようです。

ちなみにこのサイズはLサイズなんでお肉結構乗っかってますがMサイズだともうちょっと少なくなります。

 

このローストビーフの下は…

f:id:gaisu:20180102030948j:image

 

お肉のしぐれ煮みたいなのがご飯に敷いてありました。嬉しい。

タレもご飯に染みてて…夢中でかっこみまくります。うま…。

 

そしてここのお冷やなんですが、デトックスウォーターが飲み放題でした。これOL大好きなやつやん。ん?ちょっと待てよ、折角のご馳走ローストビーフデトックスしちゃっていいワケ??お肉様は老廃物だっていうの???

俺たちのステージはここだっていうのかヨ!

 

 

 

訳わかんなくなりましたが、今年もだらだら更新していきたいと思いますんでよろしくお願いします。

あと最近食べ過ぎてて太ももパツパツになってきたんで、辛くなくていくら食べてもいいダイエット方法知ってたら教えてください。